blog

WEBの知識なんかなくてもSEO対策できるブログの作り方

子猫に浮気写真
子猫に浮気してきました

妹が飼い始めた、まだ小さな子猫まゆ八ちゃん。かわいい。。。
うちの猫たちにバレないように昼間のうちに浮気してきました。

ごきげんよう、CHIBICO.JP(チビコ)ふしみまいです。

そもそもSEOってなに?私のブログ、どこをどうすればいいの?
個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から1】
個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から2】

さて、連続でお送りしている個人でお仕事をしているネット初心者のためのSEO対策ですが、
実は1番言いたいのは今回のお話。

実際のところ、WEBの知識はそんなにいらないのです。
自分や周りの人をウィルス等ネットの脅威から守るための最低限の知識は必要ですが、
アクセスをアップするためのテクニック的なものはとりあえず無くても支障ありません。

 

 WEBの知識なんかなくてもSEO対策できるブログの作り方

検索にひっかかるためのHTMLの編集やキーワード対策は、それなりの知識がないと難しい。
そもそも、無料ブログサービスではできることに限界もあります。

というわけで、知識ゼロでもできるアクセスアップ&集客方法をご紹介します。
注意点は、今日始めて明日効果があるわけではないこと
でも、結果的に最も効果がある方法です。

 

読む人にとって役に立つブログを作る。

身も蓋もないですか?でも結局、そういうことなんです。

はっきり言いますが、一番効果のあるこの方法、労力も時間もかかります。
わたくしのブログ自体、完璧にこれができているとは到底言えません。

ただただ毎日ブログ記事を投稿していればいいわけではないのです。わざわざ自分の時間を割いてまでブログを見にきてくれた人に、少しでも役に立つ内容を提供する必要があります。


 

こんにちは、今日も読んでくださってありがとうございます♪
いいお天気ですね

—-なんか適当な画像挿入—

今日はこんなことしました。嬉しかったです、楽しかったです。
またがんばります。

—自分の宣伝—

読んでくださってありがとうございました。
ブログランキングの投票してってください。

おわり


 

↑↑↑こんな内容を毎日更新しても、読んだ人の役に立つのか、喜んでもらえるのかっていう話です。
たまには、書く人の人間性がぽろっとこぼれるような日常のエピソードを混ぜるのもいいですが、「毎日更新すること」「自分が自分が、と宣伝すること」だけが目的のブログに人は集まりません。

本当に集客できている人のブログは、「役に立つ内容」が「ほぼ毎日」のように投稿されています。
すごいな〜、と感嘆して読んでいます。自分もそうしたいけど、OL仕事とバッグ制作と妊婦生活をしながらでは週に2、3回の更新が限度。今は無理しなくていいことにしてるのでゆるゆるやっています。

できていないわたくしが言うのも何ですが、とにかく

自分の仕事内容や得意分野に合わせて、ブログ投稿を役に立つ内容に

テーマをしっかりと決めて、自分のブログ記事全体の6割〜7割以上の内容(テーマ)を揃えるのがコツです。

記事を書くとき、「自分はどういう人なのか」「どういうキャラクターに見せたいか」をある程度決めておきましょう。ここがブレると記事内容がブレます。自分でルールを決めて、書く内容&書かない内容を決めておくことが大切です。

 

読む人が欲しい情報を与えてあげることが大切。情報の出し惜しみはしない

加減が難しいですが、生徒さんや参加者&購入者など、お金を出してくれた人に出している情報の一部をブログでも発信しましょう。出し過ぎかな?と思うくらいで大丈夫です。当然ながら有益な情報が多いほど人は集まります。
その情報を見て、「この人に実際会ってみたい。。。」「この人の商品を買ってみたい。。。」と思ってもらえるものを。

 

結局、人間性が問われてしまう方法です。すっごく労力と時間がかかります。(お金はさほどかからないのは嬉しいところ)
前回までに紹介した小手先のテクニックの方が断然ラクですぐに効果がありますが、最終的に自分が望む素敵なお客様に集まって欲しいなら、頑張ってみる価値はあります。

もし、よろしければ客観的な視点から見てアドバイスなども差し上げることができますので、ふしみと一緒にお仕事することもご検討ください(←ちゃっかり宣伝)

個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から2】

セクシーカプ様
あられもないお姿のカプ様

先日のカプ様写真がなぜか好評だったので、さらに過激なお姿のカプ様写真を無駄に載せてみました。
ごきげんよう、CHIBICO.JP(チビコ)ふしみまいです。

写真と本文はびっくりするほど関係ありません。

※こちらで説明するのは個人&初心者向けの内容です。企業サイトや大規模サイトではもっと複雑に分析して対策します。

そもそもSEOってなに?私のブログ、どこをどうすればいいの?
個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から1】
さて、個人のためのSEO対策、3回めの投稿です。
SEOって何なのか、個人でできる具体策は何なのかをお話しています。

 

今回は、

ネットならではの文章の書き方。

同じようにパソコンで書いていても、紙に印刷される前提の文章とネットで読んでもらう文章では書き方のコツが少々違います。

  • 紙ではなく画面で読んだ時の読みやすさ
  • どうせ同じ内容を書くなら検索にひっかかりやすくする書き方

このふたつを意識して書くだけで、読み手に与える印象は全然変わります。
わざわざWEBサイトやブログに来てくれた大切な人たちの大切な時間を、読みにくい文章や中身のない記事で無駄にさせないよう気をつけましょう。

 

 

①あまり長々と文章を続けない

1文1文を短めにわかりやすくし、3〜5行程度で段落を分ける。
紙と違い、ネットでは長い文章は読みにくいのです。
自分に興味を持ってくれている人なら長々とした文章でも読んでもらえるかもしれません。
ですが、たいていは読むこと自体が面倒になって離れていってしまいます。主語&述語がどれだかわからなくなるような長い文は、読み手の誤解を生む可能性も高くなります。

ネットでは、自分と同じレベルの読解力がある人ばかりが読んでくれるわけではないのです。

 

②「あれ」「これ」「それ」などの代名詞ではなく、内容をきちんと書く

これはロボット対策です。
ロボットは文脈を拾って「あれ」「これ」が何かを理解してくれません。(←実際のところ、多少はしてるんですが、ここではその話は割愛)
人間が読んだ時にうるさくなり過ぎない程度にキーワードを混ぜた文にしてあげましょう。


例)手作りパン教室のブログをやっていると仮定して。
1)
昨日のお教室、参加したみなさまにとっても喜んでいただけました〜♪
2)
 昨日、大手町の⚪︎×クッキングセンターで行われた「天然酵母で作る無添加オーガニックパン講座」では、参加したみなさまが2種類のパンを上手に焼き上げました♪

例)本を紹介する記事を書くと仮定して。
1)
この本を読んで、わたしにもああいう人生ができるかなーと思いました。
2)
「カプチーノ様が教える自由でシェクシーなヌコライフ」を読んで、わたしにも自由で自分らしい生き方、人に媚びない人生が送れるような気がしました。

 

いずれの例も、1と2の文章、もちろん2の書き方が良いですよね。

ロボット対策のためにキーワードを込めて書いていますが、具体的に書くことで結果として実際の読み手にもイメージしやすくなります。

※パン講座もカプ様の本も、もちろん実在しません。

 

③絵文字、顔文字、擬態語、擬音語、ネットスラングはほどほどに

女性のサイトに多いのが、絵文字や顔文字の使いすぎ。
そしてむやみな太字や色文字装飾、擬態語&擬音語だらけでキーワード不明な文章。。。

ターゲットによってはそれが正解のこともあるので難しいのですが、ロボットは絵文字&顔文字をほぼ評価しません。人によっては絵文字や顔文字に嫌悪感を抱く場合もあります。

文字装飾もページの価値を下げることがあるので注意を。
太文字(<storong>タグ)はページテーマを強調するためならいいのですが、本来むやみに使うものではないので価値を下げることがあります。

また文字装飾もCSSを読んでいるのではなくその場で装飾タグを埋め込む場合が多いので、HTML的にムダの多い文章になります。(←何のこっちゃ?とお思いますよね。つまり意味のない装飾しすぎはよくない、とだけ認識してください)

擬音語、擬態語の使いすぎは素人感を増します。親しみやすさを強調したいアイドルならそれでいいのですが、業種・職種によってはただのバカに見えてしまうのでご注意を。

 

 

同じ内容でも、ちょっと意識するだけでとっても読みやすい文章になります。
読みやすい文章、興味をひく魅力的な内容を投稿し続ければ、自然とリピーターは増えていきます。
リピーターが増えるということは、小手先のテクニックなしでSEO対策に成功するってことじゃないですか!

ぜひ、ちょこっとだけ意識して書いてみてください。

次回、WEBの知識なんかなくてもSEO対策できるブログの作り方をお送りします。
サイトの内側からできる対策最終回にして最重要な回です。(むしろ次の投稿だけ読めば他は読まなくていいかも)

個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から1】

カプチーノ様セクシーショット
カプ様セクシーショット

※こちらで説明するのは個人&初心者向けの内容です。企業サイトや大規模サイトではもっと複雑に分析して対策します。

ごきげんよう、CHIBICO.JP(チビコ)ふしみまいです。
ひとつ前の投稿(そもそもSEOってなに?私のブログ、どこをどうすればいいの?)で、SEOってなんなのさをざっくり知ってもらったということで、
じゃあ、具体的にどうすればいいんだってお話です。

内的要因に働きかけて、内側から改善する方法

SEO対策には大きくわけて2つの方法があると申しました。
内的要因に働きかける方法と、外的要因に働きかける方法
それぞれバランスよくやることが大切なのですが、まずは内側からの対策を。

内的要因って?

内的要因とは、自分のサイトやブログ自体にあるSEO要素のこと。
タイトルや内容、HTMLの構文を工夫して、同じような内容でも検索にひっかかりやすくするSEO対策です。

 

キーワードを考える

サイトや目的がはっきりしていれば、どんな人にサイトを見てもらいたいかもはっきりしてきます。
どんな人に見てもらいたかは、つまりどんなキーワードで検索されたらよいか、ということです。

ネットで漠然と探し物をする時はキーワードで検索しますよね?
例えばわたくしは今日、

「メンズ 長財布 プレゼント」「メンズ 長財布 人気」「メンズ 長財布 革」などと検索してました。

夫にプレゼントするのに良い財布はないかな〜と思って。
「財布」だけだと女性物も二つ折り財布も出てきてしまうし、安物は選びたくないし、などと考えた結果のキーワードです。結果、ハイブランドからこだわりの職人モノまで、いろいろ探せています。
自分のサイトやブログは、どんな言葉で検索されたらよいのでしょう?
今のところどんな言葉で検索されているのかは、アクセス解析を見ることで傾向がつかめます。
アメブロなどの無料ブログサービスには、たいてい簡単な解析機能がついていますので参考になります。

 

初心者が考えがちなNGキーワード

初心者が思いつきがちなダメなキーワードあるあるがあります。

  • キーワードが大きすぎる(結果が多すぎる)
  • 自分の名前やハンドルネーム、屋号
  • 意味もなく横文字(英字)

アクセサリー教室をやっているからと言って「アクセサリー教室」だけでは検索上位に来るなど夢のまた夢。お金をかけてキーワードを買っている企業にはかないません。

大きすぎるキーワードには、地名・ページの特徴・スタイルなどを組み合わせた複合キーワードで考えます。検索されやすい、自分が浮かび上がりやすいキーワードをいくつか組み合わせて実際に検索してみましょう。

ただ!自分が浮かびやすいからといって固有名詞を主な検索キーワードと考えるのは間違いです。

名前やハンドルネーム、屋号などはそりゃあもう一発で検索上位に浮かび上がりますが、そんなキーワードで検索してくるのは知り合いだけです。あなたが芸能人や有名人でもないかぎり、アクセスは増えません。

また、アルファベットも検索されにくいキーワードです。
日本語の読み書きをする人がターゲットなら、日本語のキーワードの方が上位にきます。

 

実際にコンバージョンが期待できそうなキーワードをとにかくたくさん探す

とにかく、実際に自分のサイトの目的に合った結果が出るようなキーワードをできるだけ探すことが重要です。

ただコレ、言うは易く行うは難し!

自分を探してもらえるキーワードを探すことはものすごく難しいです。
すぐ見つけられるものでも、一旦見つけたからそれで終わりなものでもないです。
またキーワードは見つけたら上手にサイトに組み込まないと意味がありません。
キーワードは、常に探し続ける必要もあります。
キーワードを見つける→サイトに組み込む→効果を計る→改善する。この繰り返しです。

キーワードを考えてサイトの改善をアドバイスすることが仕事になるのは、そういうわけです。

 

見つけたキーワードを効果的にサイトに組み込む

せっかく見つけたキーワードも、効果的に使わないと逆効果になります。
使いすぎるとスパムとみなされますし、検索ロボットにうまく拾ってもらわないと効果が出るのに時間がかかります。
サイトに組み込む方法には、
  • HTML構文を見直す
  • 内部リンクの強化
  • ロボットが気に入る文章とユーザを回遊させるための文章で書く

などの方法があります。
初心者の方や、アメブロなどの無料ブログサービス利用でも簡単にできることは、

ブログ・WEBサイトのタイトル」「ブログ説明文」「ブログ投稿のタイトル

をキーワードを上手に組み込んだものに変えること。

まちがっても「CHIBICO.JPふしみまいのブログ」みたいなタイトルにするのは避けましょう。

 

ロボットが気に入る文章とユーザを回遊させるための文章で書く

次いで簡単にできることは、ブログやページの文章をキーワードを検索されやすい書き方にすること。
ロボットが気に入る=価値があると判断する文章は、HTMLの構文が論理的でわかりやすいものです。
大切なことですが、知識のない人には難しいのも事実。

ユーザ(人間)が気に入るのは、内容が面白かったり興味深かったり、デザインがきれいで読みやすいページ・文章です。
文章とともに写真やイラストが素敵なことも大切です。

ユーザが気に入る文章のコツにはロボットには直接関わりないものも多いのですが、
来てくれた人をサイト内で回遊させる工夫をこらすのも離脱率を下げる&リピート率を高めるというSEO対策です。
こちらはネットの知識や技術よりも文章力やセンスが問われます。

長くなったので、ネットならではの文章の書き方のコツは次回(個人のためのSEO対策、具体的な方法【内側から2】)に続く。

【ブログ診断】船橋の似顔絵屋さんSmileWorks[1]

ごきげんよう、CHIBICOふしみまいです。
今日は、実際に診断させていただき、ただいま改善真っ只中のブログをご紹介。

「ブログないの?」と言われて始めたものの、何を書いたらいいのかよくわからないし、「良いブログ」とはそもそもどんなものかもわからない。
パソコンもインターネットもよくわからないし、あれもこれもわからないことだらけ!

という個人起業家の方、多いのでは?SmileWorksさんもそんなおひとりでした。

【伸びしろだらけのブログ】

伸びしろだらけのブログ
SmileWorksさんと最初にお話した当時のブログの様子がこちら。
伸びしろだらけ!やりがいあります!!!

そもそも、実はブログに良いも悪いも無いのですが、WEB屋的に言わせていただくのなら、
欲しい人に欲しい情報が届くのが良いサイトの条件と考えます。

そのために大事なのが、適切な情報をたくさん載せること検索にひっかかること!

適切な情報を載せることは、つまりブログを更新することです。
時間がかかりますがWEBの知識はあまり必要ありません。どんな内容が適切なのかは人それぞれです。

そして、超大事!超超超大事!!!なのが検索にひっかかること。
検索にひっかからなければ、そのサイトは無いのと同じなのです。
こちらはWEB屋がお手伝いできる分野ですので、ふしみの出番です。

【最初に解決すべき問題】

SmileWorksさんは似顔絵を描くお仕事をされています。
イベントで似顔絵を描いたり、SNS用のプロフィール似顔絵を描いたり。
結婚式のウエルカムボードを新郎新婦の似顔絵で描いたりもしてくれます。

ですが、このブログタイトルからは何を生業にする人なのかわかりませんでした。
また、ブログ説明文もデフォルトのままでした。

検索されやすさの視点から見た場合、ブログで最も大切なのは「ブログタイトル」と「記事タイトル」です。
ここに検索されやすくなるキーワード盛り込みまくりましょう。次に大切なのがブログ説明文と本文。

また、検索とは関係ないのですが、似顔絵屋さんなのにプロフィール画像が設定されていないのは気になります。
ブログの「見た目」に関わる部分(デザインや色、画像など)は検索されやすさには関係しませんが、
訪れた人の印象(=また来てくれるかどうか)を左右します。

【ふしみが出した課題】

SmileWorksさんはブログもパソコンも初心者ということで、1度にあまりたくさんのことをいうと混乱すると考えました。

ですので、ふしみが出した最初の課題はこちら。

  • ブログタイトルを「どこで何をしている誰のブログなのか」わかるようにする
  • ブログタイトルを補うブログ説明文を設定する
  • 本文の自己紹介「あなたのお絵描き応援団長」では似顔絵を描く人よりは絵の先生の印象がするため変更
  • 似顔絵屋さんならではのブログ記事案を提案

【さて、どうなったでしょう?】

SmileWorksさんのブログはこちら
長くなりましたので、進化したブログの説明や新しい課題は次の更新で。

ブログやSNS更新にかんする質問はこちら
ふしみへのお仕事依頼はこちら